無料で学べる!セキュリティを勉強するためのサイト5選

近年、サイバーセキュリティが脅威が増すにつれて、それに対する興味や関心は高まりつつあります。今までセキュリティとはあまり無縁であったエンジニアにとっても、今や基本的なことは知っていて当たり前と言えなければならない時代がすぐそこまで来ています。そこで、この記事では無料でWEB上で「サイバーセキュリティ」を学べるサイトを紹介します。

情報セキュリティスペシャリスト – SE娘の剣 –

IPAのセキュリティスペシャリスト試験も10月に迫ってきており、勉強に励んでいる人も少なくないのではないでしょうか。そんな、人にお勧めしたいのが、このサイト。WEB上で読める教科書と銘打っており、セキュリティスペシャリストの試験範囲を網羅してます。また試験を受ける人以外にも、網羅的に体系的にサイバーセキュリティを学びたい人にとってもとても重宝します。素晴らしいWEBサイトです。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 のWEBサイト

IPA情報処理推進機構のホームページには、最新のサイバーセキュリティについての情報がうまくまとめられています。最新情報を体系定期に知ることができるので、常にチェックをしておくことがもはや情報セキュリティ担当者にとっては基本といえるでしょう。脆弱性対策情報や、ツールも充実しているので会社や組織のセキュリティ強化に役立てることもできます。

お勧めはこの辺です
Web Application Firewall (WAF) 読本
安全なウェブサイトの作り方

Linuxセキュリティ標準教科書

LPI-Japanが発行しているLinuxのサーバー管理者向けの「標準教科書」シリーズ。この内容はとてもわかりやすい上にLinuxを扱う上で大事な部分を見事にまとめられていますので、Linuxサーバーの管理者は必携の一冊といえるでしょう。もちろん無料で交付されている上に、他のシリーズもありますので、初心者から上級者まで幅広く活用することができます。EPUB版もあります。

AWS クラウドサービス活用資料集

クラウド時代と言われて久しいですが、AWSはその膨大な資料のほとんどが無料で公開されています。AWSを扱うエンジニアにとっては本当に助かりますよね。その中でもセキュリティに関する文書も一通り揃っています。是非、一読しておきましょう。

Technical Development Guide(英語)

天下のGoogle様がこれだけは勉強しとけよ、という資料を一通りまとめていただいております。セキュリティの分野ではないのですが、これは絶対読んだほうがいいと思い、紹介させていただきました。”Student”と対象は学生のようですが、英語の堪能な現役のエンジニアでも是非とも目を通しておきましょう。

無料でも勉強できる

 技術書は正直、高価なものが多く、そんなに買うことができない…という人もいるかとは思いますが!インターネットにはこのように有用なドキュメントが大量にありますので、是非とも自分の求めるものがあれば活用していきたいですね。無料のものでも十分な情報量があるので、是非スキルアップに役立ててください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket